趣味もやりすぎたら、マニアに変わり
もっとやりすぎたら、カルトと呼ばれます
それでも私はこれが好きなんダーッ!
夏の金魚
夏の金魚はいいですねー。

見ているだけで涼しげです。

でも、夏の金魚飼育は厳しいものがあるのです。

フナですから水を汚すんですね。
水が痛みやすいのです。

もっと重要なのが水温です。
30℃を超えるとかなりキケンです。
水温が高いと酸素がすくなくなるんですね。
有効なのはエアーレーション。

これで酸欠はカバーできます。
ついでに流れが出来ますから、かなり効果的なんですね。

でも、高温が続けばやっぱりキケンなのです。
そこで有効なのは小型扇風機。

風を水面に直接当てるのです。
気化熱で水温を下げるのです。

これいでうまくいくと5℃は下げれます。
金魚

でも、蒸発がすごいんですけどね。
たまに水を足しましょう。
| 隣野ポチ | 水中花なおともだち | 18:36 | - | trackbacks(0) | pookmark |
水草水槽のレイアウトにあ〜きた♪の巻
水草水槽をカマしてから一年以上たってしまいました。
水草
放置してたらジャングルになってしまいましたがな。


全部めくり上げてリイアウトしなおしましょう。

めくり上げたら・・・へんな香りがしますがな。


ドブですね。

さてさて、どんなレイアウトを作りましょうか。
作り直せるのが水草水槽の醍醐味ですね。
| 隣野ポチ | 水中花なおともだち | 20:28 | - | trackbacks(0) | pookmark |
水草水槽を作ってみました。
まずは必要なものは水槽ですね。

このカラッポの水槽ってのは見てるだけでワクワクします。
さてと、どんな世界を作りましょうか。

水をキレイに循環させるために、ろ過が必要です。

なるべく掃除をしなくてもいいように、ろ材を大きめにしました。

フタをしたら

ホースをつないで水槽にカマします。


土を入れまして、

かっこよく石をならべたら・・・おおお、いいんでないの。

水をいれます。

そっといれないとドロドロになります。

そっと入れても濁るんですけどね。

ろ過装置を動かしまして、一日たちますと、

おおお、透明だ。

つぎに、水草を植えていきます。

長いヤツはピンセットがいいですね。

こんなかんじです。


背の低いヤツは

手でやったほうがラクですね。


ゴミを取りまして、


二酸化炭素をセットします。


水槽に入れる量は、

一秒間に一滴ぐらいです。
これを入れますと成長に差が出るのです。


光合成をしだしました。

しばらくしますと、

水面に酸素が粒になって浮いてきます。

これでスタートです。

ちなみにこれが去年の八月。

試行錯誤を繰り返し、現在の姿が

これなんですね。

さて、全部めくり上げて、新しく作り直してみようかな。
| 隣野ポチ | 水中花なおともだち | 16:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ